アーカイブ

2010 年 11 月 のアーカイブ

ユーザストリームの便利な使い方

2010 年 11 月 30 日 コメントはありません

v0.62で追加したユーザストリームのオプションを効果的に利用していただくため、想定される利用シーンとともに使い方を説明します。

1.重要なユーザをリストにしてチェックする

自分のホームTLとは別に、知り合いだけをリストにして、リアルタイムにチェックする場面を想定してみます。

必要な操作は、リストのユーザを全員フォローすることと、「ユーザストリームのデータを対応していないページにも流す」を有効にします。(リアルタイムにチェックする必要がないユーザは、リストに含めるだけでフォローしないという使い方もOK)

これで、作成したリストが、ユーザストリームのようにリアルタイムに更新されるようになります。(画面下部の表示上はストリーミングにはなりませんが、リストにユーザストリームのデータが流れ込んでいます)

2.有名人の発言に対するリプライをチェックする

有名人が問いかけるような発言をしたとき、そのリプライをリアルタイムにチェックする場面を想定してみます。

必要な操作は、その有名人をフォローすることと、「フォロー関係がない発言を取得」「ユーザストリームのデータを対応していないページにも流す」を有効にします。

あとは、有名人の発言をクリックして(ユーザ名をクリック)、有名人のTLを表示するだけで、ユーザストリームのように、リアルタイムにリプライが流れるようになります。

あとがき

その他にも有効な利用シーンがあるかもしれません。上記を参考に、自分なりの使い方を見つけてみてください。

カテゴリー: ツイタマ

ツイタマ v0.62のお知らせ

2010 年 11 月 30 日 コメントはありません

更新内容

  • ユーザストリームの設定を追加
  • 投稿フォームのサイズを調整可能に
  • フッタ文字列の指定を拡張
  • アップロードの挙動を一部変更

設定>接続タブに、ユーザストリームの設定を追加しています。「フォロー関係がない発言を取得」を有効にすると、フォローしている人が無関係の人に向けた発言を表示します。友人の友人は仲良くなれる?可能性があるので、新しいフォローを発見する目的などに利用できます。ただし、今よりもTLの流速が上がるので、フォロー数の多い方はチェックしない方がいいでしょう。

もう一つ、「ユーザストリームのデータを対応していないページにも流す」を有効にすると、ユーザストリームで得たデータを、自分以外のユーザのTLや、自分で作成したリストにも表示するようなります。効果的な使い方が分かりにくいので、想定される利用シーンについては別のエントリに書きます。

フッタ文字列の指定には、「自動」というオプションを用意しました。表示しているページのハッシュタグを自動で設定するので、ハッシュタグを頻繁に利用する方に便利です。

アップロードの挙動は、コメントとしてアップロードしたテキストを、短縮URLとともに、投稿フォームに反映するようにしました。同じ内容を書くケースが多いので、二度手間を減らす目的です。

カテゴリー: ツイタマ

ツイタマ v0.61のお知らせ

2010 年 11 月 10 日 コメントはありません

変更内容

  • ツイートの新ID方式に対応
  • NGワード機能を追加
  • 操作メニューにフォローの片思い・片思われを追加
  • 自分へのメンションを強調する設定を追加
  • 設定のヘルプにQ&Aのリンクを追加
  • 最新のツイートを表示ボタンの挙動を一部変更

Twitterの仕様変更でツイートのID長が変わることに対応しました。DBの構造を一部変更したため、v0.61にアップデートする際、ユーザ情報を再登録していただく必要があります。ご了承ください。

NGワード機能は、指定した文字列や正規表現を含むツイートを非表示するためのものです。設定>NGタブから、ユーザ名, ソース, 本文のそれぞれでNGワードを指定してください。例えば、Bot系のツイートを非表示にすることなどに利用できます。

片思いと片思われは、一方のみがフォローしている・されているユーザを検出して表示するためのものです。フォロー・フォロワーとの関係を再確認することなどに利用できます。APIの消費を考慮して、フォロー・フォロワーが数十万単位の方は利用できません。

最新のツイートを表示ボタンの挙動は、これまで、新しいページに移動して戻ったときにOffとしていましたが、On/Off状態を復元する様にしました。

カテゴリー: ツイタマ

ツイタマのQ&A

2010 年 11 月 5 日 コメント 74 件

ツイタマでよく質問される内容をまとめます。

Q: ツイートの改行が反映されない

A: 設定>表示タブから、テキストの改行を表示する設定に変更してください。

Q: 未読管理はどうなっているの?

A: 表示した位置までが自動で既読扱いになります。次回アプリを立ち上げたときは、前回からの続きを読み込んで表示しようとします。(設定>接続タブのタイムラインで読み込むツイート数を上限とする)

Q: フォローしているはずの人がフォローした色になっていない

A: Webや他のアプリからフォローしたり解除したりすると、ツイタマに反映されないことがあります。そんなときは、操作メニューから「○○のデータを同期」を実行して、最新の情報を取得してください。フォロー以外に、ブロック, リスト, 検索メモの情報も一致していなければ同期してください。

Q: ダイレクトメッセージを直接送信したい

A: 投稿フォームに「D ユーザ名 送信するメッセージ」の形で入力してください。このとき、送信ボタンが「DMを送る」になることを確認してください。 DをDMにしたり、ユーザ名が@付きでも構いません。注意) 一部の特殊アカウントを除き、相手からフォローされていないとDMを送信できません。

Q: APIの残り数を知りたい

A: 画面下部にある最終更新の部分をマウスでポイントしてください。

Q: アイコンが正しく表示されずグレーになる

A: BMPなど一部の画像フォーマットは表示することができません。TwitterのアイコンはGIF, JPEG, PNGで登録してください。その他、アイコン画像の読み込みに失敗したときもグレー表示になります。

Q: タイムラインに表示されているツイートが突然消えた

A: ストリーミング接続中は、ツイートの削除もリアルタイムに反映されます。したがって、ツイートした人が間違いに気付くなどして削除した可能性が高いです。

Q: リンクをクリックして表示するWebブラウザを変更したい

A: ツイタマではなく、OSの既定のプログラムの設定からブラウザを変更してください。 普段使用しているブラウザと違うブラウザが起動する人は、ここの設定を確認してみてください。(HTTPプロトコルの既定プログラムに設定されたブラウザが起動します)

Q: データを取得できませんでした。(502: Twitter / Overcapacity)のエラーが出る

A: Twitterの負荷が高くて処理できないことを示すエラーです。一時的なものなので、少し待ってから、更新ボタンを押してリロードすると表示できることが多いようです。

Q: ユーザストリームの更新が止まったり、遅延が発生する

A: まれにユーザストリームの不調でそうなることがあります。そのようなときは、ストリーミング接続をOffにして、通常のREST APIで更新してください。 逆にREST APIが不調でユーザストリームが大丈夫なケースもあります。

Q: ダイレクトメッセージにアクセスできなくなった

A: 2011年7月からDMへのアクセスが制限されるようになりました。アクセスできない方はDMへのアクセス権を取得する必要がありますので、設定>ログインから再度認証したあとアプリを再起動してください。

Q: アプリのデータを初期化したい

A: アプリのデータは、インストールし直しても、引き継がれるだけで初期化はされません。不具合などにより初期化したい場合は、手動でアプリのデータを削除していただく必要があります。以下のフォルダを削除またはリネームしてください。

%appdata%\softama.twitter.449CFD21161D4779C856C37BC8CD590E66B6D0DD.1

※%appdata% の格納場所は、ご使用のOSによって異なります。

  • Windows7の場合、C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming
  • WindowsXPの場合、C:\Documents and Settings\ユーザ名\Application Data
  • Macの場合、/Users/ユーザ名/Library/Preferences
  • Linuxの場合、/home/ユーザ名/.appdata

Q: ミュートの指定が保存されない

A: ミュートはアプリが終了すると解除される仕組みになっています。持続的に特定ユーザのツイートを非表示にしたければ、フォローを外すか、ブロックするか、またはNGワードを設定してください。

Q: アプリから通信が出来なくなった

A: 様々なケースが考えられます。次のことを確認してください。

  • 401エラーの場合、PCの時計がずれていないか確認してください。(時刻だけではなく、日付とタイムゾーンも合わせてください)
  • インターネットのセキュリティソフトを利用している場合、アプリの通信をブロックしていないか確認してください。
  • IE(インターネットエクスプローラ)からTwitter等のWebにアクセスできるか試してください。出来ない場合は、IEのインターネット接続設定を見直してください。

Q: ストリーミング接続ができず403エラーになる

A: 2013年11月からhttp1.0プロトコルでストリーミング接続できなくなりました。IEのインターネットオプションで、「http1.1を使用する」のチェックが外れていないか確認してください。

Q: AIRを更新したら不具合が発生するようになった

A: AIRをv22へ更新すると、通知の表示やNGワードで不具合が発生しているようです。現状では、以下のリンクからAIRのruntimeをv21へ戻してください。 http://helpx.adobe.com/air/kb/archived-air-sdk-version.html

カテゴリー: ツイタマ