ホーム > ソフタマリーダー > RSS記事の全文取得スクリプト

RSS記事の全文取得スクリプト

2008 年 6 月 26 日 コメントをどうぞ コメント

このGreasemonkeyスクリプトを使うと、RSS記事が途中までしか配信されていなくても、全文を取得して表示することができます。  (SITEINFOで対応しているWEBサイトに限定)

→ スクリプトをダウンロード

使い方

このRWルールが有効の状態でRSSを表示すると、各記事の最後に「全文取得」というボタンが表示されます。 (SITEINFOと呼ばれる情報があるサイトのみ)

クリックすると記事にアクセスして、全文を表示します。

これでスムーズに閲覧を続けることができました。  各種ブログ検索やはてなブックマークの人気エントリなど、全文が配信されていないRSSで使用するととても便利です。

仕組み

このスクリプトは、SITEINFOと呼ばれるサイト情報を元にコンテンツを表示します。 SITEINFOにはxpathでコンテンツの位置が記されており、余分なヘッダやフッタ、サイドメニューなどを除いた本文の情報を取得できるようになっています。

SITEINFOは専用のデータベースサイトから情報を取得しているほか、Greasemonkeyスクリプト内に直接記述することもできます。 時々コンテンツが見つからないと表示されることがありますが、その多くが、SITEINFOの情報と実際のWebサイトの情報の違い(レイアウトの変更がされたなど)によるためです。

データベースサイトの情報は、最初に起動したときと、Greasemonkeyメニューのユーザスクリプトコマンド「rw_fullfeed – reset cache」を呼び出したときに更新します。 コンテンツが見つからないときなどは、更新してみるといいかもしれません。

謝辞

このスクリプトは、LDR Full Feed(Livedoorリーダーで全文取得するGreasemonkeyスクリプト、他にGoogleリーダー用なども存在する)を参考にしています。 特にSITEINFOをキャッシュする部分はそのまま利用させていただきました。

SITEINFOのデータベースは皆で共有するものですので、xpath等に知識のある方は、データを追加するなどして協力してみてください。

カテゴリー: ソフタマリーダー
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。

スパム投稿ではないことを確認するため、計算式の答えを半角数字で入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.